トリキュラーを使っている場合に持っておきたいアフターピル

\90秒で注文完了/トリキュラーの購入はこちら

落ち込む女性 女性にとって非常に喜ばしい事である妊娠。

しかし、その一方で女性の人生を大きく狂わしてしまう要因にもなる妊娠。

妊娠を望まないという場合には、適切に避妊を行うことが何よりも大切です。

そのために、男性にはコンドームを使ってもらうというのは必須ですが、コンドームの避妊率は正確に使っても、85%ほどしかありません。

5~15%の確率で妊娠してしまうのです。しかもこの数値は完璧にコンドームを使ってもです。

そのため、正しい知識を持たずにコンドームを使った場合は更に避妊率は下がり、50%を切ってしまうなんて言うことも。

更に、コンドームの使い方は完璧でもコンドーム自体が保管状況などによって劣化してしまったり、破損してしまっていた場合、コンドームをつけているのに妊娠してしまう事があります。

また、コンドームの使用自体を嫌がる男性も多く、付けてほしいと女性からお願いするのも気が引ける、恥ずかしいというケースも多いです。

そのため、より確実な妊娠を行う場合は、低用量ピルの利用が最適と言えるのです。

 

しかし、低用量ピルも完璧に使う事が出来れば99%以上の高い避妊率を誇りますが、使い方を誤ってしまえば避妊率は低下してしまいます。

もし、避妊に失敗してしまったときはどうなるのでしょうか?

何も手を打つことができず、堕胎手術となるわけではありません。

避妊に失敗した時に使う事ができるタイプのピルがあります。それがアフターピルなのです。

 

アフターピルで失敗をなかったことに

アイピルの画像アフターピルはアフターとあるように、事後でも避妊が可能な緊急避妊薬となっています。

事後避妊ができるという非常に大きなメリットはあるものの、アフターピルには利用に関する制限や大きなデメリットもあります。

そこでここからは、トリキュラーとアフターピルの違いを見ながらアフターピルのメリットや制限、デメリットに関して紹介していきます。

避妊について考えてはいるけど、何もできていないというような場合は、是非一度目を通して避妊について考えてみるのも良いと思います。

 

アフターピルを使う前に知っておくべきこと

薬のイメージ事後避妊が可能なアフターピルですが、避妊に失敗した後ならいつでも避妊できるというわけではありません。

アフターピルはトリキュラーなどの低用量ピルと違い、避妊失敗から避妊が可能な時間制限があります。

その時間制限というのが72時間

この72時間という時間は、卵子と精子が受精して着床するまでの時間です。受精卵が着床することによって妊娠となるため、それまでにアフターピルを服用する必要があるという事です。

また72時間以内ならいつでも避妊ができるわけでもありません。

基本的にアフターピルは避妊失敗からアフターピルの服用までの時間が短ければ短いほど高い避妊率を誇ります。

避妊失敗から時間が経過すればするほど避妊率は低下し、50%程度まで落ちることになるので避妊に失敗した場合は速やかにアフターピルの服用を行う必要があります。

トリキュラーなどの低用量ピルは事前に服用して妊娠しない状態を作るピルでアフターピルは避妊失敗後に服用して避妊すると覚えておくとよいでしょう。

 

違いは服用タイミングだけじゃない!副作用も

落ち込む女性トリキュラーなどの低用量ピルとアフターピルの大きな違いの一つとなっているのが、副作用のリスクです。

トリキュラーとアフターピルは事前と事後に服用する違いがありますが、これには理由があります。

トリキュラーは薬に配合されている有効成分量が少なく、徐々に体を避妊が出来る状態にしていくのに対し、アフターピルは有効成分量が多く避妊失敗後の着床するまでの間に、避妊が出来る状態にするためです。

徐々に体に対して影響するトリキュラーは変化は少しずつですが、副作用のリスクは小さくなります。

しかし、アフターピルは急激な変化を体に与えて避妊するため、副作用のリスクが高まります。

当然、副作用自体に個人差があるのでアフターピルでも副作用を強く感じない人もいますし、トリキュラーでも副作用が辛いという人もいます。

 

事後避妊が役に立つケースは1つだけじゃない

トリキュラーのパッケージ避妊に失敗した!そうした時に役立ってくれるアフターピルですが、避妊に失敗した時だけに使われるかというと、そういうわけではありません。

アフターピルが役立てられているケースの一つになっているのが、性犯罪被害に遭ったケースです。

性犯罪の被害に遭った上に妊娠してしまい、堕胎手術となってしまえば心身へのダメージは甚大なものになるのは想像するまでもないでしょう。

しかし、アフターピルの活用によって、そうしたダメージを少しでも抑えることが可能です。

自分は大丈夫と考えることが多い問題ですが、万が一の時の備えて1錠だけ持っておくというのも良いでしょう。

そうすれば、普段の時に避妊に失敗したというときも速やかに服用して事後避妊を行うといったことが可能になるので、上手に活用しましょう。

トリキュラーの購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました