トリキュラー以外にも沢山ある低用量ピル

\90秒で注文完了/トリキュラーの購入はこちら

通販を使う女性 望まない妊娠を避けるためには必要不可欠となっている、避妊。

男性主体のコンドームに対するのが、女性主体の低用量ピルになります。

低用量ピルを使う事によって、身体は一時的に妊娠しているような状態のホルモンバランスとなることで、妊娠に必要となる着床などができなくなり妊娠を避けられます。

避妊を確実に行える低用量ピルですが、この効果というのは非常に高く現在ではトリキュラー以外にも様々な種類のものが販売されているので自分にあった低用量ピルを見つけて利用するようにしましょう。

 

さまざまな種類の中から自分に合ったモノを選んでみよう

薬のイメージ低用量ピルには、世代と相性という分類があります。

世代は作られた新しさのようなもので、世代が大きいものほど後から開発されて販売されているものになります。

当然、あとに開発されたものほど安全性が高いといったメリットがあります。

世代が古いものは、安全性の面で劣ってしまう可能性はありますがより多くの人に利用されており、問題がないという確実な結果を残しているという事でもあるので、信頼性では非常に高いと言えます。

配合されている成分量が変化するかしないかの相性

低用量ピルには、世代の他にも相性と呼ばれる分類があります。

世代はできた順番でしたが、相性はそれぞれの低用量ピルに配合されている成分量によって分類されます。

1相性から3相性まであり、

1相性では1シート21錠のピル全ての成分量が1種類のもの

2相性では1シート21錠のピルの成分量は2段階に変化します

3相性では1シート21錠のピルの成分量が3段階に変化します

基本的に2段階、3段階と成分量が変化する低用量ピルは、飲み始めの頃の錠剤の成分量は少なく徐々に成分量が多くなっていくといった形になっています。

こうして、成分量に変化をつけることによって、自然なホルモンバランスの変化から急激にバランスを変化させること無く徐々に変化できるので、急激な変化による副作用などが発症するリスクを低減できます。

2相性、3相性は副作用のリスクは上記の理由から低下しますが、成分量が錠剤ごとに違っているので、21錠それぞれに服用する順序が決められているといった手間が増えます。

1相性の場合は、成分量が飲みはじめから飲み終わりまで変わることなく一定になるので、飲む順番といった煩わしさはないものの、初日から成分量が多いのでホルモンバランスの急激な変化による副作用のリスクが高くなっています。

トリキュラーは何世代の何相性?

トリキュラーは第二世代の3相性の低用量ピルになります。

長く使われている第二世代の低用量ピルであり、3相性とホルモンの配合量が2段階に変化するため体への負担も小さいという特徴があります。

当然、服用順は決まっているため飲む順番が面倒という方には向いていないと言えます。

1相性などで副作用が強くて無理だったという方でも、3相性のトリキュラーであればホルモンバランスの変化が小さいので副作用に悩まず確実な避妊を行えるといったメリットがあります。

 

数ある低用量ピルたちから選択する

通販を使う女性低用量ピルはトリキュラーをはじめとして、非常に種類が豊富になっています。

種類によって効果に大きな違いがあるかといえば、そいういうワケではありません。

基本的に確実な避妊を実現するという基本的な部分は同じであるので今飲んでいる低用量ピルが体に合わないという場合は、気軽に別の種類に変えてみて様子を見ることも大切です。

低用量ピルの種類を変えるだけで副作用に悩んでいた人が一切悩まなくなるということは珍しくありません。

 

第三世代1相性のマーベロン

低用量ピルとして多くの人に利用されているのがマーベロンです。

こちらの低用量ピルは、第三世代の1相性であり飲む順序を気にせず服用できます。

成分量が一定なので、副作用が心配という人もいますが飲み続けることで副作用の症状も改善してきたりするので、以前は副作用で無理だったけど継続しだすと副作用に悩まなくなった人も少なくありません。

 

第三世代のヤーズは1相性

超低用量ピルとも呼ばれるヤーズも第三世代1相性の低用量ピルです。

こちらもマーベロンと大きな違いがあります。それがホルモン量の違いです。

マーベロンやトリキュラーなどよりも更にホルモン量が少ないタイプの低用量ピルであるため、現在では低用量ピルではなく「超低用量ピル」と呼ばれることも珍しくありません。

ホルモン量が非常に少ないので、副作用リスクが非常に小さいといった特徴があります。

ヤーズよりも少し成分量が多いヤスミン

ヤスミンと呼ばれる低用量ピルは成分は基本的にヤーズと変わりません。

超低用量ピルと呼ばれるヤーズと同じ成分を配合していますが、成分量はヤーズよりも多少多くなっています。

それでも、他の低用量ピルと比べると少ないため、ヤスミンもヤーズと同様に超低用量ピルに分類されることが多いです。

トリキュラーの購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました